羽田空港第3ターミナル(国際線)思い出と一緒にお土産もゲットだぜ!おもしろ自販機

※(2020年6月上旬現在)新型コロナウィルス流行にともない施設の閉鎖がつづいています。
訪問される方は、かならず事前にHPから確認をしてください。
※記事は2019年11月の内容です。事前の予告なく変更になっている場合があります。こんにちは、あねもねえさんです!
今日もぷらりと旅…というかおでかけしてきました!

今回は羽田空港第3ターミナル(国際線)です。

展望デッキに日本全国のお土産・・・だけが羽田空港の楽しみどころだと思っていませんか?

羽田空港には他にはない、「こんなのあり!?」なおもしろ自販機があるんです。

ぜひ旅やおでかけの思い出、おみやげにしてみてくださいね^^

ちなみに2020年3月から羽田空港では、
「国際線ターミナル」が「第3ターミナル」という名称に変更されたんですが、まどろっこしいので本文内では「第3ターミナル(国際線)」という名称で呼びます。あしからず。。。^^;

羽田空港イチ高い自販機?フィギュア自販機

展望デッキと同じフロアにあるフィギュア自販機です!

ガンダム、ウルトラマン、セーラームーンと、ラインナップは海外でも人気の高い作品のものとなっています。さすが国際線ですね^^

ちなみに本当にアニメ・漫画って海外で人気なの?オタクだけじゃないの?と思いがちですが、少なくとも東南アジアでのドラえもん人気はガチです。(翻訳されている漫画、劇場映画に子供のころから親しんでいるので、大人もドラえもんを知っている人が多い。)

セーラームーンのほしいな。。。(年齢がバレるやつ)

商品の価格が5000~6000円と、おそらく羽田空港イチ高い自販機ではないかなと思います笑。

商品写真の上に画面が2つついていて、左画面では丁寧なプラモ工場での製作工程、反対側ではニュースを流していました。

羽田空港限定ピカチュウをゲット!フィギュア自販機

フィギュア自販機と同じ一角に、大人気のポケモンのキーホルダーが買える自販機があります。

しかも多言語対応!(日本語、英語、中国語、韓国語)

海外のポケモン人気もガチです(むかしアイルランド留学してたときに、ドイツ人の子がピカチュウ大好きだった。TVでやってるらしい。)

いろいろあって迷っちゃう。。。

コイキングやフシギバナもありました。

ラインナップはやや少なめなものの、羽田空港限定のパイロット・CA姿のピカチュウが手に入れるのはここだけ。お値段は510円~。

ピッカピッカー☆パイロットピカチュウ

ピッカー☆

思い出と一緒に、ピカチュウゲットだぜ!

これぞ日本の世界に誇る伝統工芸!九谷焼自販機

すこし歩いていくと「お祭り広場」というやぐらのようなものがある広場に出ます。

お祭り広場では定期的にいろいろなイベントがされています。
※(2020年6月上旬現在)新型コロナウィルス流行にともないイベント中止になっています。

そこにあるのが九谷焼自販機です!

逆光になって、見づらくてすいません。。。日本の和菓子や妖怪をモチーフにしたかわいい九谷焼です^^

お値段は1000円~。

和柄モチーフのヘアゴムは普段遣いできそうでいいですね!妖怪のネックレスは・・・あんまり着けてる人には近づきたくないです笑。
精神的に魔除けになりそうですね^^

ねがいごとを書いてかざろう!絵馬自販機

九谷焼の自販機のすぐ横に、絵馬を飾れるスペースがあります。

ずらーっと飾られた絵馬に、よくみるといろいろな国の言葉で書かれていて、それを見ていても楽しい!^^

絵馬ずら~~~

来た記念に書いてかざってみてはいかがでしょうか?

お値段は510円です。ふつうの神社では税金つかないんですが、ここでは税金がつきます。
持ち帰らなくても持ち帰っても、税率は10%という・・・。笑

絵馬!

ちなみに裏側は飛行機のチケットのデザインになっているので、飾らずに持って帰ってもいいおみやげになりそうです!

ご搭乗ありがとうございました☆

まとめ

いかがでしたでしょうか?国際線だけでなく、国内線でもかわった自販機がいっぱいあります!

国内線についてはまた違う記事でレポートします。

自販機の内容やイベントについては、事前の予告なく変更される場合はあるので注意してくださいね!

飛行機に乗るだけでなく、充分たのしめる羽田空港第3ターミナル国際線でした^^

ABOUTこの記事をかいた人

初海外はアイルランド。大学は語学部卒だがほとんどしゃべれない。が、さいきんだいぶマシになってきた。 海外でのカルチャーショックをキッカケに、華道・茶道・着付けなど日本文化に傾倒しはじめる。 夫・チッピーの影響で海外旅行好きに。 2018年に結婚・出産し、子連れ海外旅行記をよせるようになる。 ふだんはベンチャー会社ではたらくワーママ。(時短勤務)