【東京・神保町】コロナで海外に行けない今!旅行気分アジアンランチ♪蘭州ラーメン馬子禄(マーズルー)

こんにちは、あねもねえさんです!
今日もぷらりと・・・蘭州ラーメンを食べてきました!

さいきん仲良くなった中国人の子Mちゃんが「蘭州ラーメン食べたいなぁ~」といっていたので、つい気になり、行ってみることに・・・探したら本場中国からお墨付きの蘭州ラーメン店が東京は神保町にあるとのこと。早速行ってみました!

概要

住所

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-3-18

営業時間

【昼の部】11:00〜15:00
【夜の部】17:00〜20:30
※スープ終わり次第終了

神保町駅から徒歩2分、おしゃれな緑色が目を引く看板が見えてきます。
道の一本真裏は老舗喫茶店の超有名店のラドリオミロンガが並びます。

神保町の雰囲気を楽しみながら向かうのもいいかもしれませんね^^

蘭州ラーメン馬子禄(マーズルー)サイト
以前は東京駅にもあったのですが、どうやらコロナで撤退してしまったようです。。。
残念。。。

蘭州ラーメンとは?

まず「蘭州」とは中国の中でも真ん中の上、モンゴル寄りところにあります。

中央アジア寄りの場所で、漢族より回族が多く、イスラム教徒が多いことから中国料理によく使われる食材でイメージされる豚肉は食べず、牛肉や羊肉が使われる料理が多いです。

スープは牛骨やスパイスをベースにしたもの、麺は中華麺とちがい、コシのある手打ち麺が入っています。
蘭州ラーメンは中国全土で50,000軒以上あり、なかでも馬子禄(マーズルー)は100年以上の歴史をもつ老舗なのです!

いざ、蘭州ラーメン蘭州ラーメン馬子禄(マーズルー)入店!

コロナで海外旅行に行けない昨今、日本で少しでも海外旅行気分を・・・とやってきました神保町!
門構えもなんとなく、日本らしからぬ感じがします。

ハラール認定されており、(平常時は)多国籍なお客様の多い神保町にピッタリです^^
クレカ、ICカード、電子決済、多種多様に対応しております。
ありがたや~

クレカ、電子決済など多数対応!

初の蘭州ラーメン!と思い、表の看板を見ると、なにやら色々麺の種類が選べるようです。
普通のラーメン屋さんでもここまで種類ない気がします^^;

麺の種類いろいろ

なんとも優柔不断泣かせな・・・。悩みに悩んで、定番の平麺にしました。

コロナ以前は行列ができていたようなのですが、13時過ぎに入ったときはすんなりと入れました。
中国ポップス?が流れ、とにかくおしゃれな内装に早くもテンションダダ上がりでした笑。
お客さんも日本人より中国の方が多く、聞こえる言葉も中国語。

本当に東京???日本じゃないみたいです。

おされ~!

蘭州ラーメン初体験!!

マシトッピングなしの平麺でオーダーしました。
スタッフのお姉さんも中国人のようです。

お店の奥ではガラス越しにお兄さんが麺をうっていました。

まっているあいだにジャスミンティーを出してくれます。

おいしい~~

待つこと数分でサーブされて来ました。
思ったよりお肉が大きくびっくりしました。
スープはややスパイスが入っていますが、とても優しいお味。
身体に染み渡って行く感じ。。。

ベトナムで食べたフォーボー(牛肉のフォー)に少し味が近い気がしました!
ラー油が入っておりますが、個人的に辛さはちょうどよかったです。好みで抜くこともできるようです。

麺は中華麺とちがってコシがあり、うどんに近い気がしました。
麺の種類もいろいろあったので、また違う麺で楽しんでみたいと思いました。

お肉大きくて食べごたえ充分!

 

あとがき

本場の味を知る中国人Mちゃんに聞いてみました!
馬子禄(マーズルー)はトッピングに大根とパクチーが入っていましたが、本場の蘭州ラーメンには大根は入っていないようです。

お大根とパクチー

馬子禄(マーズルー)は東京・神保町にありますが、蘭州ラーメンはチャイナタウン池袋西口、埼玉県は川口~西川口にも食べられるお店があるようなので、行ってみてはいかがでしょうか^^

なかなかコロナで海外旅行にもいけない昨今ですが、近場で旅行気分を楽しめると良いですね。

ではでは~!

ABOUTこの記事をかいた人

初海外はアイルランド。大学は語学部卒だがほとんどしゃべれない。が、さいきんだいぶマシになってきた。 海外でのカルチャーショックをキッカケに、華道・茶道・着付けなど日本文化に傾倒しはじめる。 夫・チッピーの影響で海外旅行好きに。 2018年に結婚・出産し、子連れ海外旅行記をよせるようになる。 ふだんはベンチャー会社ではたらくワーママ。(時短勤務)