【東京・池袋】(20年11月再開!)としま区民センターの「パパママ☆スポット」が子どもの楽園だった!営業時間は?

こんにちは、あねもねえさんです!
2019年11月1日(金)、池袋駅東口にとしま区民センターおよびハレザ池袋がオープンしました!(ハレザは先行開業で、本格オープンは2020年7月)

華々しいゲート

そのとしま区民センター「パパママ☆スポット」のオープン2日目にいってきたのでそのレポートです。豊島区のHPの更新が追いついていないらしく、あまり詳しい情報がのっているものがないので、解説していきますね!

※2020年11月追記※11月11日よりパパママスポット再開!

ついに11月11日より、パパママスポットは再開しました!

としま区民センター 「パパママ☆すぽっと」再開のお知らせ

オープンから約1年、その間ちゃんと稼働できたのは半年以下、非常に待ちわびていました・・・
またコロナ感染者が増え始めてしまったので、また閉鎖にならないともかぎりませんが(^^;)

今回の再開で変わったのは、「事前予約、完全入替制」になったことです。

サイトからの引用になりますが、

・ご予約は2日前の12時から開始


・利用区分は①10時から11時30分 ②12時30分から14時 ③15時から16時30分 ④17時30から19時(土曜・日曜・祝日のみ20時まで)

になります。
子供って、なかなか予定通りに動いてくれないので大変ですよね・・・。
イケサンパークのとしまキッズバークは空き枠があれば当日でも入れますが、どうやらこちらは予約必須のようですね。

「時間できたし、近くだから行ってみよう~♪」とはできないのは、もうコロナ禍の新常識ですね^^;
慣れていくしかありません。。。(とはいえ、事前予約制ではなく当日チケット購入制&入場制限の別のスポットにいたら、それはそれで地獄を見たので、やっぱり事前予約制が一番ストレスレスなのでは・・・という気も最近しています。)

予約ページはこちらから

※2020年3月追記※現在パパママスポット閉鎖中!

2/27よりパパママスポットはコロナウイルスの影響で当面閉鎖となっております。

はやくコロナが落ち着いて遊べるようになるといいですね!
さいきんうちも、もっぱら人の少ない公園や庭園めぐって外遊びです。。。

コロナウィルス対策!都内で1~2歳子供連れ散歩は「肥後細川庭園」が超穴場!
コロナウィルス対策!穴場の子連れおでかけスポット甘泉園公園
コロナウイルス対策!茗荷谷の子連れおでかけスポット教育の森公園

※5/31追記※豊島区より6/14までの休館が決定

新型コロナウィルス感染拡大防止のため2月末より、緊急事態宣言解除後も休館がつづいています。
豊島区の発表により、6/14(日)までの休館が決まっています。
はやく楽しく遊べるようになるといいですね!^^

※6/18追記※パパママ☆スポットはひきつづき閉鎖中

6/15よりとしま区民センターは再開をしましたが、パパママ☆スポットはひきつづき閉鎖中です。。。
ガッカリ~(;;)まぁしかたないんですけども。。。

豊島区のサイトでは探しづらいので;;;行ってみたらまだ閉まってた!というパパママもいるかもしれません。
再開の目処はまだ立っていないようです。
しばしの辛抱ですね~;;;

※8/9追記※パパママ☆スポット、現在も閉室中

としま区民センターは再開をしましたが、パパママ☆スポットはひきつづき閉室がつづいています。

まぁ窓開かないし閉鎖空間だからしかたないかもしれないのですが。。。

開いたら間違いなく人が殺到するから、むずかしいのかもしれないですけどね。。。
またちょくちょく様子見に行こうと思います。

場所は?池袋東口徒歩5分!

場所は池袋東口徒歩5分、旧・豊島区役所の跡地、旧・豊島区池袋保健所のおとなりです。

ちなみに旧・豊島区池袋保健所は建物そのままにアニメイトになっております。

なんかちょっと前まで赤子の検診とか離乳食指導とかやってたであろう場所に…おどろきや。。。ギャップに。

1ヶ月前までは保健所だったんですがねぇ。。。変化すごいw

エレベーターでとしま区民センター2階へ

1階にはチケット売り場(上階層にホール等がある。しかもチケットカウンターは多言語対応)やカフェなどで、入り口はいって右手にある3機のエレベーターであがりましょう。

3階以上には、キッチンスペースもあるようで、完全にバカでかい公民館と文化ホールを足して2で割ったような施設になってます。

フロア案内図

そもそも「パパママ☆スポット」って?

「え?そもそも『パパママ☆スポット』ってなんやねん、つのだ☆ひろか!」とつっこまれそうなので、かんたんにパパママ~の説明をしておきますね^^

まずとしま区民センターとは、
「国際アート・カルチャー都市、誰もが主役になれる劇場都市のシンボルである「Hareza池袋」のエントランスゲートとして、区民の多彩な自己表現の場や文化創造の拠点として新たに生まれ変わりました。
大小の会議室、和室、キッチンルーム、スタジオ、多目的ホール・小ホールの貸出施設を有し、パブリックスペースとして女性にやさしい「トイレ&メイクルーム」、親子のオアシス「パパママ☆スポット」、カフェ、インフォメーションセンター、チケットセンターのある施設です。」
公益財団法人としま未来文化財団サイトから引用)

まだあまり知られておらず、SNSや情報リテラシーが高い人(笑)だけが集まっている感じでした。(私もSNSで知った)

四谷にある「東京おもちゃ美術館」監修で、美術館にもおいてある、感触・触覚・視覚・聴覚でたのしめる木の玩具がたくさん、遊び盛りのお子さんがいるお家には天国のようなスポットです。

「東京おもちゃ美術館」も素敵なスポットなので、ぜひいってみてくださいね!

子育て世帯にここがうれしい!

営業時間は平日10~19時!(土日は10~20時)

としま未来文化~のサイトや区のサイトにのっていなかったのですが、

パパママ☆スポットの営業時間は
平日10~19時
土日10~20時

となっています。(2019年11月初旬現在)

だいたい児童館も17時でしまるので、この時間の長さにはびっくりでした^^;

保育園帰宅後なお遊びたがる元気な子っているので、そういうときにありがたいかもしれません。

営業時間

利用は1人1時間です

多言語案内

なんといってもまさかの無料

そしてびっくりなのが、とにかくまさかの「利用無料」!(2019年11月初旬現在)

よく児童館や地域センターでは会員登録やマイナンバーカードを出したりしますが、特に何も出さず、スタッフの人に明るく「どうぞこちらです~♪」と案内してもらいました。

廊下側がガラス張りになっていて、スタッフさんが入り口付近から様子を見てくれている、という感じでした。

駅チカ

ありがたいのは駅チカ!というのもありますね。

もともと豊島区役所・保健所があったところでもあってアクセス好立地!
池袋駅から地上行きエレベーターで上がってこられる場所からは少し離れますが、10分とかからないのは魅力ですね。

ベビーカーを置くスペースあり

当然ですがまんまとベビーカー出来てしまったわけですが、ちゃんと置く場所がありました^^

手すりがあり、盗難防止ワイヤーがかけやすくなっています。(私は必ず盗難防止ワイヤーかけてます。念の為。)

・・・なんてよくわかっているんだ!!!(感涙)

すべておもちゃも床もすべて「木」!

一段あがったところから靴を抜いてあがります。

もう床も、おもちゃも、天井もぜんぶ、木、木、木!

 

木のやさしい匂いに癒やされます^^
はいってすぐ目の前に卵型の木の玉で満たされたプールがあり、いい年の親になった私でも思わずテンションあがります笑。

木・木・木!

いい年の親でもテンションあがる笑。ボールプール

さぼさん思い出す

あと、床はちゃんと研磨されているのでささくれとかはないんですが、靴下はいててすべってる子もいたので走ると危ないです。気をつけてくださいね;

ベビーチェア完備!給湯室、授乳スペースも!

入り口すぐ右手に食事・休憩用の椅子と机、左手に授乳スペースがあります。
あそぶスペースと食事・休憩用スペースは土足厳禁・土足でわけられているので、すみわけはできるのかなぁと思います。

木でできているベビーチェアもありました。

ベビーチェアあり

ゴミ箱はみあたらなかったので、持ち帰りになるようですね。

ご協力をおねがいします^^

また、授乳スペースでは給湯室、電子レンジ、男性OKの授乳スペース、その奥にドアがあり女性オンリーの授乳スペースがありました。

給湯室あり!ミルクつくるときに嬉しい

電子レンジも!

ドアで分けられていますが、男性が使えるところはなかなかないので育パパも嬉しいですね^^

女性オンリー授乳スペース※人のいないときに撮影しました

カーテン付きの授乳スペースも1つあります
※人のいないときに撮影しました

おむつ交換もお着替えもできる!おやこトイレあり

うちのおちびさん(1歳5ヶ月)は現在卒乳済み、トイトレはまだというステータスなので、つぎに気になるのはおむつ交換台&子連れで入れるトイレです。

パパママ☆スポットの前にあるトイレは「おやこトイレ」なるものがあります。
おむつ交換台は3つ!しかも1台毎におむつボックスがある・・・豪華だな!

おむつボックスが各々ついてる…!

よくみると除菌スプレーもおいてある(感動でむせび泣く)

トイレ内は小さい手洗い場、小さい便器以外があります。小さくてかわいいな~
「おやこトイレ」は2つあり、中は着替え台、小さい便器、子供を座らせられるいすがあります。

着替え台もありました
※人がいないときに撮影しました

こんなものまで!?おむつ自販機あり

マミーがある時点で、お子様向けな感じがします。

そしてびっくりなのが、おむつの自販機があること!(メリーズのみ)

奥まっているので、無理やり作った感がすごいですが(笑)
はじめてみました・・・。

「親子のオアシス」の名は伊達じゃない

マミーあります

以前、空港で「飛行機にのっているあいだに必要なおむつがない!」とかなり焦ったことがあるので、これはありがたいですね!
もうHPが赤くなった状態でみつけたドラクエの「回復の泉」みたく見えます。

まとめ

「パパママ☆スポット」では木の車や積み木、おままごとセットがあり、未就学児童までは楽しめそうです。その点、監修元の四谷の「東京おもちゃ美術館」はアスレチックのようなものもあり、小学校中学年くらいまでなら楽しく過ごせそうです^^

子連れのお出かけは大変ですが、ムリのない範囲でパパママもたのしんでみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

初海外はアイルランド。大学は語学部卒だがほとんどしゃべれない。が、さいきんだいぶマシになってきた。 海外でのカルチャーショックをキッカケに、華道・茶道・着付けなど日本文化に傾倒しはじめる。 夫・チッピーの影響で海外旅行好きに。 2018年に結婚・出産し、子連れ海外旅行記をよせるようになる。 ふだんはベンチャー会社ではたらくワーママ。(時短勤務)